2008年11月27日

目を動かす筋肉

目を動かす筋肉は眼筋といい、眼瞼、結膜、涙器と一緒に副眼器とよばれます。

上直筋
下直筋
内側直筋
外側直筋
上斜筋
下斜筋

の6つがあり、上眼瞼を引き上げる上眼瞼挙筋を入れれば7つになります。

それぞれ、筋肉名の方向についています。

外眼筋2.gif

動きも斜筋以外はそのままで、上斜筋は下外側、下斜筋は上外側に目を動かします。

外眼筋の動き.jpg

神経的には
上直筋、下直筋、内側直筋、下斜筋は動眼神経が支配する。
(上眼瞼挙筋もここ)
上斜筋は滑車神経が支配する。
外側直筋は外転神経が支配する。

眼球の運動だけで12個のうちの3個の脳神経を使用している事を考えると、眼球の運動が微妙に正確に行われる必要性があり、それを行うにはとても繊細に神経が動かなければならないのでしょう。

目には反射などもありさらに複雑度は増します。

エクササイズのやりがいがあると言うものです(笑)

反射については後ほど

つづく
posted by くいな at 01:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。